滝。

 

 『滝』と一口に言っても千差万別、実に様々なパターンが在る。

 

 『米子瀑布』の様に、落差のある断崖絶壁を、かなりの水量が一直線に落ちる滝。

 

 『軽井沢白糸の滝』の様に、横幅広くカーテン状に広がり落ちる滝。

 

 『吹き割れの滝』の様に、流れてきた川が、岩の割れ目に吸い込まれるような滝。

 

 名も無い様な、小川が急流となり、落差を持って落ちる滝。

 

 滝つぼが在ったり、途中からに霧散してしまいゴツゴツした瓦礫の中に吸い込まれていったり。

 

 中には山道も無い様な所に発見されていたり。

 

 『日本の名瀑百選』買ってこようかな。

 

 

 『米子瀑布、不動滝』

 

 紅葉には一足早すぎたみたい。

 

 この岸壁の模様が、お不動様に見えるらしいのだが何処だろう?

 

 いや滝の水がそう見えるんだったかな?

 

 

 残念ながら滝つぼ付近は立ち入り禁止。

 

 確か石像が在った筈なんだけど、ロープが張られているんだから此処まで。

 

 安山岩と礫岩の違い分かる?

 

 ブラ〇モリなら、〇モリさん、大喜びしそうですね。