不動滝

 

 『滝山不動尊』のお堂を右から回り込むと『不動滝』向かって右側の滝に出る。

 

 記憶では、滝の落下点まで行けたと思ったのだが、規制ロープが張られていて10㍍程手前までしか行けなかった。

 

 かなり風化崩落した岩石が積もっていて『滝つぼ』は無かった。

 

 色んな『滝』巡りをして、立ち入り禁止ではない『滝つぼ』は泳いでみました。

 

 宗教的に神聖故立ち入り禁止になっている所は流石に無理ですけど。

 

 知床『カムイワッカの滝。(温泉です)』やら西表『ピナイサーラの滝(大うなぎがいました)』

 

 只昨今、『魚止め』の滝つぼは、釣り針や寝掛かりルアーの放置が多くてとても入れません。

 

 一部釣り師のマナー低下ですかね。

 

 高枝切りばさみを持って『滝つぼ』に行けばルアーの5個や10個は簡単に手に入ります。

 

 だって枝からぶら下がってんだもん。

 

 拾得物横領に関しては自己責任で。

 

 

 お堂の裏には奉納された『祠』や『石碑』が。どうやって運び上げたんだろう。

 

 それともここで彫り上げたのかな。

 

 修行の一環なんでしょうか。

 

 

 この大きな石には『摩利支天』が彫られていました。

 

 人力で運べないでしょうから、この地で平らに仕上げ、彫刻したんでしょう。

 

 いつも思います。人間て凄い!