夫婦道祖神。

 

 夫婦和合の象徴として、各地で見られる『夫婦道祖神』

 

 有名な所では、『野倉』にある

 

 

 石の種類までは詳しくないけど、凝灰岩?玄武岩?俗に云う処の佐久石?

 

 昔の人が『ノミ』と『槌』だけで彫ったんでしょ。

 

 あっ!失敗しちゃった。やり直し。って訳いかないもんな。

 

 『女性』は、重ね着(十二単?)していたり、眉毛を『殿上眉』にしているところを見ると、高貴な人?

 

 『男性』も『冠』を戴いているし、「沓』を履いている処を見れば、かなり高貴な方。

 

 それが何故山の中の小さな集落に?

 

 さて、別所『北向き観音』で『愛染かつら』にでもお参りしますか。

 

 『沢山湖』の脇を抜けると、猪?が林の中を走っていく。

 

 バイクだから、エンジン音に驚いて、大抵の野生動物は逃げて行ってくれる。

 

 万が一にも子熊位なら『背負い投げ』で………膝の悪いこーちゃん、背負い投げできないんだった。

 

 危険は無さそうなので先を急ぐ。

 

 『独鈷山』を廻り込んでいると、看板発見。

 

 

 

 信州小県郡前山寺奥独鈷山修験の図。

 

 独鈷山には山頂まで道があるんだ!とバイクで進む。

 

 遊歩道でした。

 

 霊山ですのでバイクで登るのは止めときます。

 

 でもいつか登ってみたいな。