奥蓼科温泉郷

 

 茅野方面から『御射鹿池』を通り抜けると、終点は渋御殿湯。

 

 道は細く所々にすれ違い用の待避所が在る位。

 

 そこに聳え立つ立派な温泉宿。お高いので泊ったことは無い。

 

 でも結構人が入ってんだよね。

 

 他にも奥蓼科温泉郷には、混浴の露天風呂が在った。(今あるのかな?貸し切り家族露天風呂なら聞いたことあるけど。)

 

 以前は『物見湯産手形』で入れたけど、いつの間にか無くなってるし。

 

 

 ピラタスロープウェイ入口を目指し、ビーナスラインへ乗り入れる。

 

 適度なワインディングと新緑の道。

 

 時々わき見しながらの自動車をパスしながら『蓼科山』をぐるりと回り込む。

 

 

 はるか先、高原の中の一本道。これを進むと21スキー場経由白樺湖。

 

 そしてこの写真をとってる場所は、普通車からは見えないし、停車出来ない。

 

 ね!バイクいいでしょ。

 

 

 その後秘密の場所へ『水芭蕉』を見に行くも、まだ早かった。

 

 ここは『リス』や『キツツキ』なんかもよく見られるけど、今日は静か。

 

 さて帰りますか。

 

 蓼科山一周。バイクの旅終了。