山頂付近の井戸『曲輪』

 

 現代技術を持ってならば、山の上に『井戸』どころか、水族館だってできるし、砂漠の国に『スキー場』すら作ってしまう。

 

 それが五百年近くも以前に、井戸を掘ったのか、湧き水を見つけたのか。

 

 

 柵で囲われた中に、枯れた事の無いと云われる井戸があった。

 

 

 もし雨が降った後、ぬかるんでいたなら絶対にバイクブーツじゃ登れない。

 

 晴れててよかった。と思ったのも束の間。

 

 木陰を抜け、山頂付近ではジリジリと焼け付く暑さ。

 

 に加えて。『靴擦れ』発生。つくづくスニーカーを忘れてきた事を後悔。

 

 でも痛くても歩くしかない。

 

 

 

 上越市内を見おろす山頂からの眺めは気持ちいい。

 

 残念ながら春霞で、遠望は利かなかったけど。

 

 春日山に登られる方。途中に水場は在りません。水分持参です。

 

 500のペット1本じゃ、とてもじゃないけど足りなかった。