春日山城

 

 ぶらぶらと時間を潰し、小学生の一団が引いたタイミングを見計らって参拝。

 

 

 小ぶりな礼拝殿には、『日の丸』と『横断幕』

 

 その幕に描かれた家紋は『竹に二羽飛び雀』

 

 『竹に雀』かと思った。(伊達政宗になっちゃうもんね)

 

 そして必ず覗いてみるのが『奉納額』

 

 

 特に説明とかある訳じゃないけど、アレコレ想像してみる。

 

 『錦の御旗』と言えば、会津藩の悲劇につながるし、額の絵は『立山信仰』かな?

 

 撮影時、関係者がいれば許可を得てから。フラッシュは当然御法度。

 

 それでもフルオートでここまで撮れる。

 

 さて登りますか!

 

 

 パンフに在った、『木陰の道』をバイクブーツでドカドカ。

 

 きちんと整備された遊歩道は歩き易い筈なんだけど、ブーツの靴底はツルツルなもんで、結構歩きづらい。それでもドカドカ。

 

 『千貫門』を抜け、さらに登る。

 

 えっ。こんな所に住居があったの?って位山の中。

 

 キャンプじゃ無いんだから、こんな所で生活しなくてもねぇ。

 

 

 

 現在、構築物は残っていないが、こんな処に御屋敷ですか?

 

 歩きながらも思った、「なんだろう?この違和感は」

 

 いい所で 次回です。