スイッチバック。

 

 昔、(40年も前)長野から海水浴に行くには、新潟の海に行きました。

 

 黒姫駅辺りで「『スイッチバック』が有ったと思うんですけど定かでないです。

 

 

 この駅名看板の意味分かります?

 

 冠着方面から来た電車は、急勾配を一気に下れない為、姨捨駅に停車後進行方向を変え、一度引き込み線を利用して高度を下げます。再度進行方向を変え、稲荷山方面に進みます。

 

 逆も又然り。

 

 

 その為、終着駅でも無いのに、車両止めが設置されています。

 

 此処にも『四季島』の文字発見。

 

 折角なら動画撮影しようと時刻表を見たら、上り、下り共に約五十分待ち。

 

 いや~。機会有ったらとしてまた今度。

 

 

 ホームのベンチは『田毎の月』で有名な田園方向を向いています。

 

 駅舎ではラジオが流れていましたが、人の気配は有りませんでした。

 

 構内入場券を買おうとしたけど反応無し。

 

 「お~い。勝手に入っちゃうよ。」

 

 待てよ?『四季島』の最後尾車両って、一車両貸し切りじゃなかったっけ?

 

 運転席あるのかな?まさか無視界運転?な訳ないだろうけど。

 

 『四季島』ホームページで確認しました。

 

 最後尾は展望席付き運転台が在りました。

 

 いつかは乗ってみたいな『四季島』

 

 一番安くて40万円! えっ40万円‼

 

 そうそう。車買い替えなきゃ。