虹橋空港~羽田。

 

 上海には国際空港が二か所ある。一つが虹橋空港。

 

 最新鋭の指紋登録システムや、サーモグラフィーカメラなど、驚くほど近代化していた。

 

 

 朝8:00発の飛行機だが、宗さんの指示で6:00には空港着。

 

 「取りあえずカウンター前に並んでいてください。搭乗券は、私が手続きしておきます。」

 

 宗さんに言われたから並んでました。列はどんどん進み私の番。

 

 搭乗券無いんですけど。

 

 カウンター前で笑顔のお姉さん。日・本・語で「チケットプリーズ」

 

 「無いものはない」と日本語で答えていたら宗さん、搭乗券を持って走ってきた。

 

 無事荷物を預け、出国カウンターへ。

 

 宗さんとは此処まで。

 

 お世辞で「有り難う。また来ますね。」と挨拶すると、「又私が案内します。」って。

 

 宗さん。もう二度と会わないでしょう。お達者で。

 

 大して安くない免税店をぶらぶら冷やかし、

 

 見つけました。真珠クリーム1個100元。日本円¥1700。買わないっての。

 

 機内では、水平飛行になるとすぐ機内食の準備が始まる。

 

 しばし待たされた後、キャビンアテンダントさん「オムレツORチャイニーズスタイル?」と聞きに来た。

 

 チャイニーズスタイル? ハイ、シュウマイでした。

 

 勿論チョイスは「オムレツプリーズ」&「Beer!」

 

 食事が終わったらなーんもする事無し。だって、映画も音楽も無いんですもん。

 

 寝よ。

 

 羽田着。入国審査クリアー。(当たり前。)

 

 機内預けのコンベアー前で事件は起こった。

 

 検査官が犬を連れて歩いている。賢そうなシェパードですな。

 

 と。シェパード君。私の横で座り込んだ。おろ?

 

 検査官の方「一寸こちらへ宜しいですか?」

 

 え、えぇえっ!悪いことはしてないぞ。

 

 このシェパード君。食物検疫の訓練を受けており、反応したのは『バナナ』

 

 機内で食べるつもりで手提げに入れたまま、食べきらないで持ってきちゃった。

 

 検査官に付いて行くと、同じツアーの人が、同じく『バナナ』持ち込みで並んでいる。

 

 罰金かな?と覚悟していたら、『バナナ』の廃棄だけで一件落着。

 

 始末書とかな~んも無し。

 

 ツアー一同顔を見合わせて苦笑い。

 

 やってくれたぜ『宗さん!』

 

 やっぱ日本がいいや!  (なら行くなよ)  完。