上海観光 『豫園』

 

 運河脇でバスを降り、遠くから上海テレビ塔を観た後、歩いて『古城公園』へ。

 

 この時、広い道幅の道路を渡ろうとして、渡り切れずに置いてきぼりにされた人が居た。

 

 先をズンズン急ぐ宗さん、停まって待つ気配なし。

 

 こーちゃん気づいたから待ってましたよ、勿論。それが団体行動でショ。

 

 

 と言っても、通り抜けただけですけど。

 

 そこで見つけた素晴らしい芸術。

 

 

 ペットボトルの水と、筆一本だけのパフォーマンス。

 

 一見小汚いおっさん、やおら石畳にかがみこむと、OH!FANTASTIC‼

 

 某千葉県の遊園地にも、箒でねずみを書くパフォーマンスをする人が居る。

 

 誰に見せる訳でもなく、経文を書き連ねるおっさん。

 

 あんた。凄-よ。 いいな達筆で。よっぽど練習したんだろうな。

 

 写真撮ってる間に、団体さんは遥か先に行っちゃった。

 

 ホントに迷子になってやるぞ。

 

 

 高層ビルのすぐ脇には、生活感満載の路地があり、宗さんいわく

 

 「この辺り貧乏人の町、汚い。お金持ち近寄らない。」

 

 じゃあ、こーちゃん達はお金持ちじゃないってこと?

 

 まあ間違っちゃいないけどサ。

 

 

 『豫園』到着と思いきや、宗さん「先にラテックスの工場見学です。」

 

 何やら怪しげなビルの一角に、ラテックス研究所の看板が。

 

 ハイ。又スーツ姿の所長クラスの人が出迎えてくれて、「ようこそウンヌン……。」

 

 高反発マットレス&高反発枕の販売店です。

 

 圧縮袋に梱包され、キャリーケースに入れてくれるから邪魔にならない。安くするから買ってけ~ですと。

 

 流石に買う奴いないだろうと思ってましたが、 ⁈ 居たんです買った人。

 

 それも笑顔で安いと言って。(ひょっとしてサクラさんですか?)

 

 寅さん映画なら、秋野太作さんが本名の津坂匡章の頃、寅さんの弟分役でサクラをしていましたけど。

 

 まだまだ買い物時間は続きますが容量いっぱいです。此処まで。