お待たせしました『太湖』です。

 

 尾形大作さんのヒット曲『無錫旅情』

 

 こーちゃん、カラオケの十八番です。

 

 待ち焦がれていた『太湖』です。

 

 

 バスは産業道路のような所でいきなり停車。小さな公園が在り、トイレ休憩かな。

 

 公園の脇を歩いて行くと お~! 『太湖だ~』

 

 でも想像していたよりかなり狭い。

 

 確かに波が立っているし、対岸は霞んで見える。

 

 

 遊覧船なんかもあるんだけど、人の姿はどこにも見当たらない。

 

  宗さん「あれが日本人の好きな六兆山ネ。」

 

 指さしたのが

 

 

 湖畔の売店で、コーヒーでも買おうかと寄ってみるも、誰もいない。

 

 日本語で、「すみませ~ん」と可愛らしく言うも反応無し。

 

 へっ。要らねえよ。

 

 

 宗さん。更にのたまう。

 

 「あの山の頂上、日本人沢山来るから展望台造った。でもあそこから眺めてもつまらない。海観るのと一緒。何も無い。此処から観る。向こう岸見える。此処のほうが綺麗。」

 

 えっ?此処は『太湖』じゃないの?

 

 「太湖の一部。養殖池」

 

 あぁそうか。この後、バスで六兆山に行くんだな。と。

 

 

 バスに戻ると宗さん。

 

 「次に向かうのは真珠センターです。ここのお土産皆さん喜ぶ。綺麗な真珠が格安で買える。」

 

 道路標識に、六兆山右折の案内が見えてきた。でもバスは直進。

 

 「六兆山。行かないの?」と質問すると、

 

 「太湖見学お終い。次はお土産の番。」

 

 コォラァー。イテマウゾ!!!!!!!!!!

 

 確かにパンフには六兆山とは一言も書かれていない。

 

 太湖畔散策とあるのみ。

 

 🎵遥か小島は三山か~。の三山が観たかったのに。

 

 昔ながらのジャンクはどこだ~。

 

 以上を持ちまして『太湖』終了です。