寒山寺PartⅡ。

 

 運河により発達した交通網のおかけで、様々な文化や物資に恵まれている蘇州。

 

 有名な漢詩にも読まれている。(らしいけど、この辺でガイドさんに反発心が芽生えているので、聞いちゃあいない。)

 

 『張継』 楓橋夜泊(ふうきょうやはく)でウイキペディア。

 

 でこの橋が『楓橋』

 

 

 結構急である。

 

 渡ろうとするとガイドさん「急いで、時間無いヨ」

 

 

 で『張継』が夜中に聞いたとされる『鐘』がこのどれか。

 

 

 庭園は小石を巧みに利用したモザイク。

 

 観光客は普通にその上を歩き回っている。

 

 絶対に日本なら、観るだけの立ち入り禁止エリアだな。

 

 

 ご本尊の『お釈迦様』と

 

 

 四方を司る『毘沙門天』『多聞天』『広目天』『持国天』ただしどれがどれやら。

 

 目力強すぎて、ちょっと怖いかも。

 

 でやっぱり続く。